保育士になるって難しいの?
保育士になるって難しいの?
実技試験について
保育士試験の中にある実技試験とはどのようなものなのでしょうか。座学や通信講座などを利用しているだけでは突破は難しいとされている実技試験。この試験の突破のカギや、今後の実技試験の流れについて説明したいと思います。

保育士になるためには絶対にピアノが弾ける必要があると考えている人も多いかと思いますが、これは正解とは言えません。実技試験は音楽、造形、言語表現の3分野に分かれていて、この内の2分野を選択すれば良いとされています。また、音楽表現においても、ピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかを選択し弾き語りをするものとなっているため、鍵盤楽器が弾けなくてもギターが弾けるという人は、こちらで挑戦してみると良いでしょう。

また、実技試験は今後の実習に取り替えられる可能性があります。試験内容も緩和されるのではないかという話がありますので、今のように試験の難所であるという認識がこれから徐々に減っていくのかもしれません。

実技試験はピアノが弾けなくてもギターが弾ければ問題ありません。また、楽器が何も出来なくても、造形、言語表現の2分野を選択することで保育士試験突破への道が切り開けるでしょう。今後の実技試験は内容が緩和されるのではという話もあります。